自然素材,自然食や野菜,自然治癒力,自然住宅

自然素材の化粧品

自然素材の化粧品

 

 女性にとって、化粧品は毎日、使用するものです。そのため、毎日いくら使用しても安全性は100%のほうがいいに決まっており、これに自然素材の化粧品が当てはまります。

 

 人間の身体には、自然回復力が備わっています。もし、肌になにかのトラブルが生じると、正常に修復しようとする回復力が働くわけです。自然素材の化粧品は、肌の内側から自然に回復する力を助ける作用をします。

 

 通常の化粧品の場合、美しく見せるように粧うことを目的にしています。しかし、自然素材の化粧品は、健康な肌を取り戻すだけでなく、自然な美しさや素肌美を引き出すことが最大の目的です。

 

自然素材の化粧品は、毎日使う化粧品だからこそ、肌に余計な負担をかけない、肌への安全性を最重点に考えて作られています。従来の化粧品のような、防腐剤や殺菌剤などの指定成分を一切、配合していません。そのため、やや面倒ではありますが、冷蔵庫での保管が必須です。

 

 特に、敏感肌の方でどの化粧品も合わなかった人、赤ちゃんなどのアレルギー症の人、赤ちゃんのおむつかぶれや湿疹、ニキビ、吹き出物で悩む人、シミ、ソバカス困っている人、抜け毛で困っている人には、自然素材の化粧品は最適です。

快適な自然住宅

快適な自然住宅

 

 自然素材で、健康と省エネを同時に実現する住宅を、自然住宅といいます。昨今、シックハウス症候群と呼ばれる、住宅の建材から発生する化学物質によって、頭痛やめまい、喘息、アトピーなどの病気になるケースが問題になり、メディアでも大きく取り上げられています。

 

 自然住宅は、例えば、無垢材や土佐漆喰壁、自然塗料を使い、石油化学建材等を極力使わない住まいづくりで、人間の健康にも配慮しているのが特徴です。しかも自然素材は、断熱、調湿効果にも優れていて、究極の省エネ住宅でもあります。

 

 この自然住宅の中には、日本古来の木造軸組み工法を基本に、日本や欧州にある古い民家の魅力を引き出したものもあります。これらは、年数を経るごとに、住宅が古くなっても味の出る、まさにアンティークな住宅となるでしょう。

 

 また、タイル貼りのオリジナルキッチンや、無垢材の床や建具、土佐漆喰壁、さらにはIH調理器、電気温水器などを利用した、まさに電化住宅仕様の自然住宅もあります。室内の空気を汚さず、快適な暮らしができるため、人間の健康と快適さ、さらには地球の環境、そして自然住宅に住む人々の個性を大事にした住宅であるといえるでしょう。

自然栽培の自然食や野菜

自然栽培の自然食や野菜

 

 自然栽培の自然食や野菜が話題になっています。化学農薬や化学肥料を一切、使わずに育てた自然農法の野菜のことをさし、最近では、野菜以外にもたくさんの商品があります。

 

 そもそも、自然農法とは、自然の摂理に従って、土の力を最大限に生かし、化学農薬と化学肥料はもちろん、有機質の肥料もできるだけ使わないで農作物を育てようとする農法のことです。一方、有機農法はというと、有機質の良い肥料を与えて作物を育てようとする農法です。

 

 自然農法まず、適地適作として、気候、土壌、風土など、地域の特性に応じた農産物の育成を基本とします。そして、病害虫防除では、化学合成肥料、化学合成農薬は使用せず、生態的方法を基本にした病虫害と雑草の対策を行います。成長促進でも、植物成長調整剤、ホルモン剤などを使わず、種子や苗は自然農法で生産された種と種いも、苗を使用します。

 

堆肥は、自然界に存在する植物質とそれを材料とした堆肥、自然界に存在する鉱物質、水産廃棄物(貝ガラ、カニガラ等)とそれらを物理的に粉砕または加工した資材を利用します。農業資材は化学合成されたマルチ、寒冷紗、支柱、ネット等の農業資材の使用を必要最小限にとどめます。

人間が成長する自然教室

人間が成長する自然教室

 

 子どもたちのための自然教室が最近、話題になっています。自然教室はもともと1970年代、学校教育や社会教育における自然保護教育の確立、自然を大切にする子どもたちの育成を掲げてスタートしました。

 

しかし現在、子どもたちに自然を頭で理解させるのではなく、五感を通して自然の楽しさを体感してもらい、遊ぶ施設や遊具がなくても仲間同士で創意工夫して遊ぶとおもしろいことを、自然の中で遊ばせることを目的としているようです。

 

 自然教室では、例えば、春夏秋冬でそれぞれ自然に触れられる場所、山や川、海などに行きます。自然への影響を考慮して、子ども3、4人あたりリーダー1人が付き添い、15〜20人がグループごとに別行動します。

 

 時には、ヤブこきしながら自然の中を進み、草の斜面を滑り降り、源流を探検しに川をさかのぼり、サルのように木に登り、ツルでターザンをし、落ち葉の中に埋められるなど、自然の中で飽きることへ決してありません。また、自然に生える植物を味わったり、遊具を作ったり、村の民家に宿泊したり、青春18きっぷで旅をしたり、さまざまな活動をしているようです。

 

 小学生で参加し、中学生、高校生、大学生、社会人と成長する中で、リーダーとして小さい子どもたちの面倒を見ている人もいます。自然教室は、人間として成長する場でもあるのです。

注目を浴びる自然療法

注目を浴びる自然療法

 

 自然療法は、心身のバランスを取ることで、人間の自然治癒力を高めて健康を維持する療法をさします。アロマセラピー、リフレクソロジーなどが該当し、現代医学のように病気を治すことが目的ではなく、自然の力によって人間に備わっているバランス能力、ホメオスタシスを最大限に発揮できる状態を作り、自力で健康になるのが目的です。

 

 現代医学が発展する前から、中国やインド、欧州など世界各地で、その土地の薬草や鉱物、人の手による伝統的な自然療法がずっと行われており、現代までしっかりと受け継がれています。

 

 自然療法の種類は、アロマセラピー、フィトテラピー、フラワーエッセンスなどハーブや植物由来のエッセンスを鼻や皮膚などから吸収して植物の成分を取り入れる植物療法、リフレクソロジー、ツボ、リンパドレナージュ、マッサージなど人の手でツボ、筋肉、リンパなどを刺激する手技療法などがあります。

 

 アロマセラピーやリフレクソロジーといった自然療法は、サロンやスパをはじめ、介護施設、美容院などで実践されています。病気になりにくい健康な心身を維持することを目的とする予防医学として、クライアントのQOL、生活の質を高めるための補完療法として、自然療法は医療機関でも注目されています。